2024 2月 のアーカイブ

  • 2024年2月26日

    ダンプのシート掛けは必要?安全に行うための方法を解説

    ダンプの荷台には、土砂などの積載物が飛散しないよう、ダンプシートを荷台に掛ける必要があります。 ダンプシートは、荷台に上がって手作業でシートを掛けることも可能ですが、危険を伴います。安全性を重視するのであれば、アオリの上部に設置する「シート掛け」の使用がおすすめです。 本記事では、ダンプシートの必要性や使用方法、安全対策について解説したうえで、おすすめの商品を紹介していきます。ぜひ参考にしてくださ...
  • 2024年2月19日

    トラックの燃料タンクとは?役割や内部構造について解説

    トラックの燃料タンクはシンプルな四角い箱に見えますが、安全かつ快適に使用できるよう、さまざまな工夫が施されています。 また、トラックの燃料タンクは事故発生時の安全性を高めるために基準改正(UN-R34)が行われており、認可年月日が2018年9月1日以降の新型車には、新基準の燃料タンクを装着しなければなりません。 本記事では、トラックの燃料タンクの基本的な役割や構造の解説、そして基準改正(UN-R3...
  • 2024年2月12日

    トラックに泥除けを取り付けるメリットや交換手順を解説

    トラックのタイヤの後部に取付けられた泥除けには、タイヤが巻き上げる泥や砂利から、自車や後続車を守る役割があります。 泥除けは経年劣化によって損傷することがあり、損傷した場合は交換が必要です。本記事では、泥除けを交換する方法や注意点、おすすめの泥除けに関する商品を紹介します。 トラックに泥除けを取り付けるメリット・必要性 トラックに泥除けを取り付ける目的は、タイヤが巻き上げる泥や砂利、汚れなどを周囲...
  • 2024年2月5日

    大型後部反射器とは?取り付け要件を解説

    車両総重量が7tを超えるトラックの後部には、大型後部反射器が取り付けられています。大型後部反射器は、赤色と黄色の縞模様(ゼブラ型)と、中が黄色で縁が赤色に囲われた額縁型の2種類が存在します。 対象となる車両には大型後部反射器の装着が法令によって義務付けられているため、取り外すことはできません。また、トラックの種類によって取り付け要件が決まっており、取り付ける位置や向きなども細かく規定されています。...